視力回復に役立つ八の字運動とは?


近年スマートフォンやパソコンの普及により、日常的にその画面を見続ける生活が当たり前となっており、その結果眼精疲労や視力の低下に年齢に関係なく悩む人は増えています。

しかし、そんな問題がありながらも使わなければもう生活が難しいと分かっており、同時に視力回復はしたいと考えるのは誰もが同じです。

ですが方法として手術を受けるなどはしたくないとも思っています。

そんな時手軽にできる視力回復方法、八の字運動を試してはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

近年の視力低下について

視力が近年低下している原因というと先に述べた通りパソコンやスマートフォン、携帯画面を見ている次眼が多いという事です。

ではなぜそういった生活が良くないのかですが、それらの画面を見ていると目の筋肉を酷使する事になり、眼精疲労に陥り結果として視力の低下が起きているのです。

症状としては他にもあり近くの一点を見ている事が多いと、目は運動不足になり血行が悪くなり暗い部屋でテレビやスマートフォンの画面を見るのも視力低下の原因とされているのです。

目を正常に保つ為に必要なもの

まず目は何かを見る時、見るものの距離にピントを合わせて調節する筋肉である毛様体筋が水晶体の厚みを変える事でピント合わせをして物を見ています。

この場合、近くを見る時は、毛様体筋は収縮し水晶体を熱くするので緊張状態になり、遠くを見る場合は筋肉が緩むためリラックスします。

ですからたまに近くを見ていた視線を遠くに向けると目が楽になるのです。

この事から目をリラックスさせる方法はいくつかあり、目のツボ押しマッサージを行う事で視力回復を図る事もありますが、この方法だと毛細血管が傷つくのであまり頻繁にはしない方がいという事もあります。

そこで今回お話しする八の字運動を行うのです。

この方法の場合は「目の血行を良くする・眼球を動かす外眼筋を鍛える・水晶体を動かす毛様体筋を鍛える」事で、視力回復と視力低下防止につなげていく方法なのです。

八の字運動とは?

では、この八の字運動というのはどういうものなのかをお話していきます。

簡単に言うと目の前で腕を八の字に動かして、その指先を目で追うといった視力回復運動です。

やり方は左右の腕を使用しますが、まずは利き腕で八の字を書くように回していきます。

この腕の指先を、顔を動かさずに目だけを動かして見るのです。

しばらくしたら反対の腕で八の字を同じように描きながら回して、やはり目で追います。

これを繰り返します。

最後に両腕を組んで同じように回して終了となります。

2~3分ほど繰り返す事ですっきりとして、腕を回すので肩もほぐれ血行もよくなります。

ただし、この運動をする際は広い場所でしましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする