視力回復に良い料理とは?


視力回復のためにトレーニングにマッサージなど様々な事をしていらっしゃる方は多いと思われます。

しかし、良いと言われる事で視力回復に至っては併用するとさらに効果があるとされる古賀があります。

視力の変動には生活習慣の食生活の影響も大きいのです。

視力回復トレーニングなどの際に一緒に食べると良い料理や食材について紹介いたします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

目に良い栄養素と効果について

目に良いとされるものを取りながら視力回復を図るというのが最も効果的なのですが、取り方や取るものについても考えなければいけません。

目に効く栄養素を含む料理と言うと少し想像しづらい場合はサプリメントの併用なども効果的です。

同時に食事の際にもその料理を取り入れる事でその効果が得られるならさらに良いでしょう。

どんな症状にどんなものを料理にして取ればいいかを症状ごとに紹介していきましょう。

眼精疲労・ドライアイに良い栄養素

スマートフォンやパソコンのディスプレイを長時間見続けて目を酷使する事で起きるのが眼精疲労やドライアイなどです。

これらは目の周辺の筋肉を和らげてピント調節機能を回復する栄養素や、涙の生成に働きかける栄養素を含む料理を取る事で視力の回復に働きかけます。

アントシアニンなどは資格情報を伝えるたんぱく質「ロドプシン」の再構成を助け、夜間の視力アップや眼精疲労の回復が出来が出来「カシスやブルーベリー」に多く含まれています。

ビタミンAなどは涙を生成する際に重要な働きをする粘膜の形成と修復を助けて、ムチン層(涙の一部)の姿勢に働きかける事で視力回復につながり「鶏、豚、牛肉などのレバー、うなぎ、アンコウの肝」などに多く含まれています。

ビタミンB群は「ビタミンB1」は眼の周辺の筋肉の疲れを和らげて「B2」は眼の粘膜を正常化させ、「B6」は水晶体の代謝と免疫機能を高めます。

「B12」は視神経の機能を正常にする働きがあります。

「B1」は豚肉、玄米、うなぎ、ニンニク、ピーナッツ、ごま、大豆などに。

「B2」は卵、納豆、牛乳、ほうれん草、レバー、うなぎ、干しシイタケ、さばなどに。

「B6」はまぐろ、鶏肉、レバー、バナナ、にんにく、小麦胚芽、ピスタチオに。

「B12」はレバー、にしん、牡蠣、チーズに多く含まれます。

ビタミンEは血行促進作用による疲れ目やドライアイの防止と老眼予防に効果的でうなぎ、いか、えび、うに、かずのこ、ツナ油漬け、かぼちゃ、ほうれんそう、さつまいも、植物オイル」などでとることが出来ます

亜鉛は神経系の伝達をサポートし、不足する事で機能低下の原因となり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける効果があり「牡蠣、豚レバー、ほや貝、牛肉(肩、ひれ)、たまご」に含まれています。

近視抑制に良い栄養素

1度進行すると戻すのは難しい近視ですが、ひどくなる前に食生活で対策をとると効果的です。

その栄養素はアントシアニンなど目の焦点を調節する毛様体筋の緊張を和らげ、一時的な近視を防ぎ、継続的な近視に発展しにくくなるので是非取っておきたい栄養素です。

同時にDHA(ドコサヘキサエン酸)も網膜細胞を正常に保ち、視機能の改善を助ける栄養素ですので率先してと隊栄養素で、アジ、イワシ、うなぎ、サケ、サバ、サンマ、シシャモ、ニシン、ハモ、マグロ、マス、めざし」などの魚に多く含まれています。

眼病予防(白内障、加齢黄斑変性など)

眼病が起こるのは年齢や遺伝と理由は様々ですが紫外線の影響も指摘されています。

そのダメージを回復する効果のある栄養素を普段から摂取しておきましょう。

ルテインは水晶体や網膜の参加や紫外線のダメージを防ぎ、老化が原因の白内障や飛蚊症、黄斑変性症の予防する栄養素で「ケール、ブロッコリー、ほうれんそう」などに多く含まれています。

リコピンは抗酸化作用による機能改善とルテインとの相互作用で効果を発揮し、「トマト、すいか、ピンクグレープフルーツ」で摂取することが出来ます。

カテキンは抗酸化作用による視機能の改善と緑内障などの眼病予防する働きがあり「緑茶」などに含まれています。

ベータカロテンは目の細胞や粘膜の新陳代謝を保ち、夜盲症などを軽減させる働きがあり「かぼちゃ、にら、にんじんなどの緑黄色野菜」に多く含まれます。

ビタミンCには水晶体の酸化防止と透明度を保ち、白内障を予防する効果があり「小松菜、ブロッコリー、キャベツ、さつまいも、イチゴ、カシス、キウイ、オレンジ、グレープフルーツ」に含まれています。

これらをバランスよく摂りながらトレーニングを続ける事で、さらに効果が出てきます。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする