視力回復訓練と並行法の効果


この頃何だか見え方がおかしいと思った事はありませんか?

それはおそらく視力が悪くなったのだろうという事は誰でも考えるでしょう。

原因としては近年パソコンやスマートフォンの普及の影響で変化した環境からくる視力低下でしょう。

だからこそ、日々少しずつ視力回復訓練を行う事により、ある程度までの視力の回復や維持をしていくべきなのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復訓練とは(平行法)

視力回復訓練の種類は様々ですが、今回は立体視画像を使って行うもので「マジカル・アイ」や「マジックアイ」と呼ばれるトレーニングについて紹介いたしましょう。

今回紹介する「マジカル・アイ」には平行法(や交差法)などの見方の違う二次元画像だった者が3dに見えるもので、ゲーム感覚で楽しみながらできるという事で話題となっているものです。

平行法は、画像よりも遠くを見る様にピントを移動させて、画像が立体に見えるように見ていくというものです。

この平行法で遠くや近くを見て目のピント調節を活発に動かし筋肉の動きを正常に戻していき、結果眼精疲労を解消させて視力回復を図っていくのです。

この方法は一見ゲームかクイズ感覚ではあるが立体画像を見る方法(平行法や交差法)で、自然に焦点移動をするという訓練になっています。

訓練の効果について

訓練を行ったらやはりその効果は気になるものです。

ですから今回紹介した「マジカル・アイ」についての効果について説明をします。

視力回復をするのに必要なのはレンズである水晶体の厚みを変化させているピント調節筋である毛様体筋を動かし柔軟にすることによって効果が得られます。

この訓練の様に遠くや近くを見たりすることを頻繁にすることは非常に効果的です。

それが立体視など今回紹介した方法で、ピント調節をするトレーニングを行う事によって、毛様体筋を使って視力回復を図る事です。

このトレーニングは、日々繰り返し行う事で効果が出るものであり、すぐに劇的な効果が出るものではありませんが継続してトレーニングを行う事で次第に効果が出る上に、継続する事により無理なく続けられる内容となっています。

ポイントは視力回復トレーニングと言いながら、楽しみながら行えるので継続した訓練であるがために長期にわたっても、効果が出るまで続けるという事が容易である事です。

無理なく手軽に始められますので、まず1度実践してみるところから始めましょう。

最後に

この他にも、視力回復トレーニングはいくつも存在しますので自分に合い無理なく続けられるものを試す様にしていく事をお薦めします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする