視力低下とその年齢について


誰もが多かれ少なかれ視力の低下を迎える事になり、悩む事はあるはずです。

若いうちは非常に他ったはずの視力でも、年齢とともに低下していくという事もあるでしょう。

では視力が低下する事と年齢の関係とはどういったものなのでしょうか?

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

年齢による視力の変化

最初に、視力と脳は親密な関係故に様々な影響を与え合っています。

人は生まれてすぐではほとんど見えておらず、その白くは0,1にも満たないものだと言われています。

そこから7歳頃までに1,0くらいになっていくと言われていますが、この頃の見方などが脳の発達にも影響する古道である事から親御さんはお子さんをよく見ておいた方がいい時期でもあります。

注意する点は様々で子供がこの頃次のような行動があったなら斜視、弱視の可能性があるので医師に相談した方がいいのでしょう。

片目を良くつぶって物を見たり顔を回して横目で見たり、顎を引いたり上げたりして物を見たりする。

落ち着きがなく飽きっぽく根気がなく、集中も出来ないなどの症状がある。

目を良くこすったりぱちぱちさせていたり、視線が内や外、上下にずれる。

涙を良く流し明るい戸外でまぶしがる。

テレビを近くで見たがり、よくつまづき転んだり頻繁に頭痛を訴える。

家族も視力が悪い。

この様な事があった場合は注意してください。

視力は低下したからと言ってメガネなどを使用するとそこで固まってしまうのでかけさせない方がいいとはよく聞きますが、一部を除いては脳の発達の為にかけた方がいい場合があります。

小さな子供にメガネをかけさせて視力が固まる事を考えてしまうかもしれませんが、年齢にもよるものの脳の発達の時期であった場合はぼんやりとした視界は良くないので敢えてかけさせることも大事であり、その場合は眼科医などに商談した方がいいでしょう。

成人後の視力低下は25歳くらいで止まるのですが、近年ではパソコンなどの画面を見る作業が増えており、ストレスや目を酷使する機会が増えた事によって視力がいきなり悪くなることもあります。

同時に頭痛や肩こり、うつなどの症状になってしまう事もあります。

この場合は食生活を中心とした生活習慣病の恐れも出てきますので注意してください。

老眼は年齢を重ねれば避けることが出来ないもので、30代後半から目の調節力が衰えていき始まるのは45歳くらいから自覚すると言われています。

「近くが見えづらい・距離を少し遠くすると見えやすい・すぐに疲れて読書を長くしていられない・メガネをかけていると疲れてくる」などの症状が主なものになります。

老眼は近視遠視に関係なく始まります。

老眼にいい食べ物

いざ老眼になってしまったとしても、それ以上酷くしない様にしたいものです。

その場合、生活習慣。

主に食生活の改善を行うのも1つです。

目に必要な栄養素が多く含まれる食物の例を挙げていきましょう。

例えば「ビタミンA」はレバーやあんこう、マーガリンに多く含まれており、「カロテン」はニンジンやホウレン草、シソやモロヘイヤに。

「たんぱく質」は肉類や魚介類、大豆製品や牛乳及び乳製品に多く含まれています。

「ビタミンB」などはレバーやうなぎや牛乳、納豆などに多く含まれています。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする