視力回復における将来的なリスクとその向き合い方


近年、様々な視力回復のための治療方法などが存在しています。

その幅はメガネやコンタクトレンズにとどまらず、実際に外科的な物などを用いて眼球に直接施すものなどまでもがありとても効果的な治療と言えるでしょう。

しかし、同時に考えるべきなのはその将来的なリスクです。

若いうちは視力の事で思い悩むべきではないが将来的には年を取れば視力は落ちてくるのだからとあまり菅家られない事もありますが、その将来のリスクについて考えた事はありますか?

今、その効果で人気のあるレーシック手術を例に挙げてお話していきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

視力回復方法について

近年、短時間の手術において劇的に視力回復を図れる事から人気のレーシック手術ですが、まずその仕組みについて説明をします。

このレーシック手術と言うのは角膜屈折矯正手術の一種で角膜にレーザーを照射して角膜の曲率を変えて視力矯正する視力回復方法で、眼科医の間では「レーザー手術」とも呼ばれいいる方法です。

手術の際、痛みなどはないのも特徴です。

手術は目の表面の角膜を薄くするt目にスライスする事でフラップと言う蓋を作り、フラップをめくり出て来た角膜実質層にエキシマレーザーと言うレーザーを照射して一部を蒸発させ、角膜の曲率を変更してからフラップを元に戻します。

レーザーと聞き熱が伝わる感じがするかもしれませんが、エキシマレーザーには熱がないのと波長が短い為正確で安全に角膜の一部を除去できるのです。

衝撃も熱もなく、角膜は熱には弱い者の影響もほとんどなく回復も早い事が特徴です。

手術後1日程度で矯正される為、入院などもしなくてよいなど時間的にも拘束時間が短く、その後1,0以上くらいまでは視力回復が見込めます。

ただし、もともとの白くと角膜の厚みによっては、そこまで回復しない事もあるのであくまで目安となります。

視力の安定には人によって個人差があるものの、1週間から1ヶ月程度で安定し、総合的な治療期間は1年ほどになります。

リスクについて

レーシック手術におけるリスクと聞くと”失明”と言う言葉が浮かぶかもしれませんが、実際はさらにさまざまなリスクがあります。

リスクについては主に手術後の合併症や再近視化や加齢による老眼などに影響があると言います。

「視界のぼやけ・ドライアイ・異物感・暗い場所が見えにくい・細菌感染・フラップのずれなどの異常や炎症・強度の乱視の発生」などが主にあげられる具体例です。

その他にも術後数日から2ヶ月くらいで治療はする「軽度の合併症」と長期治療や角膜移植などの再手術を必要とする「重度の合併症」などもあります。

視界のぼやけやドライアイ、異物感や暗い場所が見えにくいなどは「軽度の合併症」と言われており、100人に1~2に起きると言われています。

細菌感染やフラップの異常、強度の乱視発生の様な「重度の合併症」は1000人に2~3人の割アリで起きると言われています。

リスクにおける原因について(将来のリスク以外も含む)

手術により本来の強度が落ちている目への強打などの過失や事故に弱いなどがあり、手術前なら何でもなかったことで大事に至るという事があります。

手術の際であれば、医療機器の不具合や設備の衛生面に問題がある事があったり、医師の技術不足や眼球の状態を把握しきれていなかったことによる矯正不良なども挙げられます。

ただし、これらのほとんどがその手術を受けるか否かを「自分が決めて考える」事が関わってくる自己責任の部分も多い為、恐怖や知識と照らし合わせてよく考える必要があります。

さらに将来のリスクで最も大きなものは老眼への影響です。

今は良くても将来、平均45歳以上になると老眼の傾向が現れてきます。

これはレーシック手術を受けるか否かは関係なく起きうる事ですが、その度合いが酷くさらに近くを見えづらくしてしまう事があるのです。

この事を配慮して眼科医によっては手術を受ける患者の年齢を考慮して「0,7前後」の近視を残しておくことを進める事もあるそうです。

メリットばかりに見えますが、本来メスを入れるものではない場所に入れる事などの意味を、治療の際には重く見て決断する事も重要かつ必要なのです。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする