近くと遠くを見る視力回復訓練とは?


手術などをせずに視力回復を図る方法に、視力回復訓練というものがあります。

訓練そのものはいくつかあり、どれも継続する事によって効果を得られるものです。

そんな視力回復訓練の中に”近くを見て遠くを見る”と言う訓練があり、そちらを諸王介していこうと思います。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

近くを見て遠くを見るという事

さて、近くを見て遠くを見るという事に何の意味があるのだろうかと思われるはずですので説明いたします。

目には毛様体筋と言うピント調節機能があり、その機能によってレンズの厚みを変えて物を見ているのですが、この筋肉が固まったりコリが溜まると視力の低下が起こります。

そんな時にコリをほぐすなどすると視力回復が起きるのですが、そうなる前に眼筋を鍛える為に、この近くを見て遠くを見る訓練を行う事によって視力低下を予防するのです。

近くを見て得を見る視力回復訓練(手順)

まずは人差し指を鼻から10cmの距離に定めて、そのまま遠くに何か見つめるものを決めます。

この時、遠くに見るものは自分から5m以上離れている物を選らぶようにしましょう。

大腿目安としては10mくらいの距離いないです。

ここで遠くの見るものが決まったら目の前の指と、遠くのものを凍後に見つめていきます。

それを30回くらい行います。

そして、視線は出来るだけ早く動かしましょう。

この動作で毛様体筋が鍛えられていきます。

訓練の頻度は、1日最低2回を朝晩行う事が大事です。

1時間ごとに遠くを置見つめるなどして、こういった毛様体筋を鍛える訓練を取り入れる問う形がいいでしょう。

その他では

先ほどまでの訓練以外にも、視力回復訓練はいくつも存在しますので紹介をしていきます。

まず今回のものに似たポピュラーなものは「遠方凝視法」と呼ぼれる訓練です。

この方法は訓練と呼ばれている物の、どちらかと言うと毛様体筋を弛緩、リラックスさせて水晶体を薄くさせるように努めるものです。

本来、遠くを見るというのは目にいいと言われており星を見ると良いと良く言われているのもこの作用が得られるからです。

名称も先に述べた「遠方凝視法」以外にも「望遠訓練」や「ワック」、「室内凝視訓練」などとも呼ばれています。

感覚としてはエクササイズの様なものだと考えられています。

関ほどの近くと遠くを見る視力回復訓練と大本は同じものであり、遠近を見る間隔が狭いのと毛様体筋を弛緩させて水晶体を薄くする作用以外に筋力を上げるという要素に積んがっています。

こういった訓練は、単体で行うよりもいくつかを併用しながら継続して続けていくと効果があるのです。

この他にも様々な訓練がありますので、自分の目と条件に合ったものを組み合わせて行っていく事をお薦めします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする