ゴルフをする人と視力回復の関係とは?


皆様、ゴルフをした事はありますか?

または、ゴルフをしている人のそばでその様子を見た事はありますか?

そしてこう思いませんか?

あんなに遠くまで、あんなに小さなボールを飛ばして良く見失わないものだと。

同時にゴルフをする人はよほど視力がいいのだろうと思っていませんか?

もちろん視力はゴルフなど運動をする上で非常に重要ですが、別に視力がいい人ばかりではないのです。

視力が重要なのは間違いありませんが、ゴルフをする誰もが良い視力をキープし続けていると言う訳でもなく、視力が低下したプロゴルファーの方もいます。

そういった場合はレーシック手術などで視力回復を図っているのです。

これを聞くとやはりゴルフをする方にとって視力は重要なものなのだろうという事が分かりますが、その視力の種類がどうやら違う様です。

ゴルフをする人と視力回復の関係についてお話していきましょう。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

ゴルフをする人にとって必要な視力とは?

遠くへ飛んでいく小さなボールを見ていられるゴルファーの方々の視力はとてもいいのだろうと思われがちですが、それだけではうまくいかないのです。

ゴルフではスイングの直前までボールを見るのは大事な事とされていますが、凝視するのはあまり良くないのです。

その時の見方はぼんやりボールを認識するくらいである必要があり、それをする為に「周辺視野」の広さが求められており、ただ遠くや近くが見えるものを視力と言うのではなく、「周辺視野」もゴルフでは重要うな視力の要素なのです。

同時にボールにクラブがインパクトする習慣を見る視力である「瞬間視」。

インパクトまでの視界の動きを把握する「動体視力」があります。

ゴルフの上達の早い人には「周辺視野・瞬間視・動体視力」が重要とされますが、その中でも「周辺視野」が最も重要とされます。

なぜなら、ゴルフボールは基本的に止まっているのでボールを追う為の動体視力などはそこまで使っていないのです。

それぞれの視力について

ゴルフに必要な様々な視力について、ここではお話しておきましょう。

まずは「周辺視力」と呼ばれる視力ですが、網膜の周辺で見えるもので見え方はぼんやりとした見え方で、網膜の中心ではなく周辺で見る視力です。

見つめているもの以外の広範囲の視野周辺の風景も見えます。

瞬間的に視覚的な情報を得るのが「瞬間視力(瞬間視)」です。

ゴルフクラブのフェイス面がボールと接着した時のボールが見えるという人がいますが、その時のボールのゆがみなどの状態が見れるのがこの「瞬間視力」です。

ちなみにこの「瞬間視力」でそのボールの状態が見える事はゴルフにおいて重要であり、上達にも有利になります。

動いている物体を見ることが出来るのが「動体視力」です。

スポーツ選手などには一般的には非常に重要な能力とされていますが、ゴルフにおいては常に動く物を相手にしている訳ではないのでそこまで重要ではないとされています。

視力回復と維持

ゴルファーの方なども実際には視力低下に悩む事もある様です。

その場合の視力回復と維持の方法についてですが、木々などの緑や遠くを見るのが良いというのは一般的です。

緑色は目には光が弱く感じられて優しいので好まれます。

その他には蒸しタオルを目の辺りに当てて、血行をよくする事で筋肉を活発にする事や、瞼のマッサージで疲れをとるなども効果的です。

ゴルファーの方が視力回復を望む場合はレーシック手術などを考えられることが多いと言います。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする