蒸しタオルと目薬による視力回復効果について


視力回復と聞くと誰もがトレーニングやマッサージ、手術といった内容を考えると思いますが、それ以外の方法も存在します。

それは蒸しタオルと目薬を使った視力回復方法です。

では、その効果と解説について紹介していきます。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

蒸しタオルと目薬を使った視力回復方法

まずは蒸しタオルの作り方からですが、電子レンジで30秒ほど温めて作るという一般的なものです。

お湯につけて作るという方法でも大丈夫ですが、どちらも使用時に厚くし過ぎないように注意してください。

次に目薬をさし、蒸しタオルを目にかけます。

そのままの状態で、目を上下左右にキョロキョロと動かしていきます。

時間としては大体蒸しタオルが冷えるまで続けましょう。

これらを1日数回行う事により視力回復効果が出てきます。

ちなみに使用する目薬について紹介しておきましょう。

主に使用する目薬は「ビタミン系」の物がいいとされていますが、症状によってはいくつか使い分けが必要になります。

例えば”疲れ目”には「ビタミンB群」と「アミノ酸成分」が最適です。

”ドライアイ”などには「コンドロイチン・塩化ナトリウム・塩化カリウム」などが選ばれます。

”目の充血”であれば「塩酸テトラヒドロゾリン」などが効果的です。

効果について

この蒸しタオルと目薬を使っての視力回復方法ですが、視力回復よりは目の疲労などの疲れが取れて見えやすくなった状態にするという効果が主になっています。

しかし、目薬をさしたことで乾燥などで痛んでいた角膜を保護したり、目薬によって必要成分が補われるなどして視力が回復するという事もあるので誤差があるものの有効な方法でもあります。

その他にも蒸しタオルにより目の筋肉が弛緩して疲れをとるなどの疲れ目対策にも効果があるのです。

蒸しタオルを当てることそのものも血行促進効果もある為非常に目にはいい状態となります。

ここまでの説明から効果についてですが、視力回復と言うよりは、目をケアする事や、リラックス効果を得る為に使用する事で視力回復効果が得られる方法であると考えてください。

ただし、近視初期の段階である仮性近視であればこの方法で血行をよくすると視力回復が望める事がありますが、基本的には予防効果が主ですので、劇的な視力回復効果はないものと思ってください。

どちらかと言うと、今回の蒸しタオルと目薬を使ったこの方法に視力回復トレーニングなどを併用させることにより、さらなる効果が期待できるという事になります。

最後に、この方法に合わせて目に効くツボなどのマッサージを行う事もお勧めします。

スポンサーリンク
kaifuku-siryokuレクタングル大

kaifuku-siryokuレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする